安心の耐久性・スペック・保証について

  1. ホーム
  2. 安心の耐久性・スペック・保証について

耐久性・耐震性構造

名古屋で注文住宅をおつくりしているプロダクトホームでは、「長く暮らせる家づくり」をひとつのコンセプトに掲げ、耐久性・耐震性にこだわった施工を行っています。狭小地や変形地、崖地といった立地においても徹底した安全性の追求を行っておりますので、どうぞご安心ください。

強い家が求められる時代だからこその耐久工法

POINT-01ベタ基礎+基礎パッキン工法

地中からの湿気対策として、防水シートを基礎下全面に隙間なく敷きつめ、その上にベタ基礎のコンクリートを仕上げる工法です。湿気はジワジワと住まいを劣化させていくため、湿気対策は非常に重要ですが、この工法では地中から土台までの間に防水シート・ベタ基礎を入れるため、地面からの湿気をほぼシャットアウトできます。

また、土台とベタ基礎の隙間には基礎パッキンを挟み込み、「基礎全周換気工法」で換気がなされる仕組みを実現。これにより、基礎内の淀んだ湿気のある空気が外の空気と循環され、土台などの木材に湿気が及ばなくなります。ベタ基礎工法で強度が出る上、土台に湿気対策を施すことでさらに耐久性が向上するのです。

POINT-02外壁通気工法

湿気を防ぐことは、建物の耐久性の維持だけでなく、カビの発生による人体への悪影響を防ぐことにもつながります。プロダクトホームでは、建物の周囲を透湿防水シート(内部から発生する湿気を吐き出し、外部からの水分は受け付けない材質)で覆い、通風胴縁によって壁内に空気層を設け、湿気や熱を外部に逃がす「外壁通気工法」を採用しています。

POINT-03含水率19%以下の乾燥材を使用

含水率とは、木材に含まれる水分割合のこと。木材は家が建った後も長い時間をかけて乾燥し続けます。乾燥していく過程で収縮が起き、ねじれや反りなどが発生しますが、プロダクトホームではその対策としてプレカット乾燥材(含水率19%以下)を採用。含まれている水分がはじめから少ないため、ねじれなどが発生しにくくなります。

また、集成材(木材の不均一性からくる狂いや割れ、反りが少ない部材)も使用しています。コンピューター制御の工作機械を用いてミリ単位の精度まで追求した材料は高精度な施工を可能にし、優れた防腐性を発揮します。

安全に暮らせる家づくり ~耐震性へのこだわり~

POINT-01各種補強金物

国際規格【ISO9001】の認証登録をし、厳格な品質管理下で製造された住宅用補強金物を使用。これにより、住宅の耐震性を大幅に向上させています。

POINT-02剛床工法

木造在来工法では、土台の上に柱を立て、筋交い・梁をかけて骨組みをつくります。間取りや窓位置などの自由度が高く、デザイン性に優れ、なおかつ筋交いや構造用合板をバランスよく加重分散させることが可能です。

床は、基本的に梁などで上からの加重を受け止めますが、地震では横や斜めの揺れが発生します。その対策として梁の上部に28ミリの構造用合板を接着剤で密着させ、その上から釘で固定します(剛床工法)。こうすることで、点ではなく面で揺れを受け止め、水平加重を分散させる頑固な構造体となり、一般の在来工法の倍の強度を確保できるのです。

POINT-03全棟 構造計算

プロダクトホームは、義務付けられていない木造2階建においても全棟で構造計算を実施。優れた耐震強度を確保した設計に基づいて施工しています。耐震強度をしっかりと確保しながらも、一棟一棟ごとの土地や条件にマッチした優れた居住性・快適性・デザイン性を備え、構造設計・意匠設計を可能にしたいと考えます。だからこそ「一棟一棟」の構造計算を確実に行っているのです。

※構造計算とは、建物がさまざまな負荷を受けた際にどのように変形し、どのような応力が発生するのかを計算することです。また、構造物がそのような変形や応力に耐えられるのかを判定することも含まれます。構造物の安全性や使用性を確認するのが目的です。最終的には、構造計算書として、A4の紙で100枚程度にまとめられます。

健康に暮らせる家づくり ~シックハウス対策~

クロスやフローリング、建材や断熱材、またそれらの接着剤やのりに至るまで、全ての材料においてホルムアルデヒド等級最上級クラス【F☆☆☆☆】の製品を使用しています。また、これらの材料がしっかり納入され施工されているかどうかも工事の検査対象になっています。徹底したシックハウス対策を行っておりますので、ご安心ください。

充実した5種類の保証体制

住宅瑕疵担保責任保険(10年間)

当社の住宅のクオリティーは、緻密かつ厳格な数多くの検査によって、しっかりした施工体制のもとで建築された性能の高い住宅です。さらに株式会社ハウスジーメンの住宅瑕疵担保責任保険によって10年保証もお付けしています。

FRP防水保証(10年保証)

FRPとは繊維強化プラスチックのことで、漁船やボート・浴槽など幅広い分野で使用されている素材です。住宅においてはバルコニーの施工に用いられ、当社ではFRPの防水性能に10年の保証をお付けしています。

防虫防蟻処理保証(5年保証)

土台からH=1000まで、構造駆体に防虫防蟻処理を施し、5年保証をお付けしています。

住宅設備機器保証(各メーカー保証 ~2年保証)

キッチン、洗面台、ユニットバス、トイレ、サッシュ、給湯器、クロス、建具など、各製品が単体でメーカーに保証されています(免責事項あり)。

地盤保証(10年保証/地盤改良がない場合でも保証)

住宅を建てる前には地盤調査を行います。調査結果から、地盤の改良が必要と判断された場合には、建物に合った地盤改良工事を実施。改良後は不同沈下に対し10年間の保証が適応されます。また、地盤改良が必要でないと判断された地盤に対しても同じく10年間の保証が付きます。

サポート

検査体制

ホームリサーチの住宅施工検査

国内検査機関の中でも最も高い検査体制です。
分譲住宅(企画・完成物件)の検査項目は数百ヶ所以上、注文住宅ではさらにその数を超えます。その全ての検査写真にコメント表示され検査報告書として冊子に残ります。

第三者による徹底した住宅検査
  • ・国内でも珍しい完全独立系第三者検査会社
  • ・有資格者(建築士)による徹底した検査
  • ・さまざまな建築工法を熟知し、独自の検査マニュアルによってバラツキのない検査体制
  • ・全国で起きたトラブル事例などの情報を全ての検査員が共有し、全てのトラブルに対応
  • ・検査員一人の判断ではなく、検査した写真を基に、二重・三重の検査を行っています
検査項目〈 注文住宅の場合 〉
    • ・設計図書に関する検査
    • ・基礎出来型検査
    • ・防水検査
    • ・外部下地検査
    • ・完成検査
    • ・地盤改良検査
    • ・土台伏検査
    • ・金物検査
    • ・断熱材検査
    • ・基礎配筋検査
    • ・構造体検査
    • ・内装下地検査
    • ・造作検査
検査項目〈分譲住宅の場合 〉
    • ・設計図書に関する検査
    • ・防水検査
    • ・基礎配筋検査
    • ・断熱検査
    • ・構造検査
    • ・完成検査